営業担当からの返答

おはようございます。

昨日は工務店との打ち合わせがありました。

本来であれば最終確認ののちに、承認印を押印、
晴れて着工!
となる手はずでしたが、
予算オーバーのため、調整が必要…と
以前のブログで書きました。(参照★


前回の打合せ時(7/27)にそのことを設計担当Mさんに伝えると
営業担当のWから連絡させますね」とのご返事。

営業のWさんは系列の不動産会社の方で、
土地購入の際にお世話になり、私たちもよく知ってる方です。


翌日(7/28)、Wさんからメールが届きました。
そこには建物代金・オプション代金・諸費用・付帯工事費
これからかかる金額が一覧になった表が添付されていました。


そちらを参考に、決済が終わった土地代金+諸費用をプラスしてみると…。
やはり当初の予定よりも100万ほどオーバーしてしまっています。
ナンテコッタイ/(^o^)\


外構費の余剰分(30万円)やオプションをガリガリ削っても、
約50万円どーしてもはみ出してしまいます。


思案した結果、やはり値下げ交渉をしよう!ということになり、
2日後の水曜日(7/29)にメールを送りました。


内容を抜粋すると…
・予算と比べてこれだけオーバーしてしまっている
・外構費の工面やオプションを止めるなど私たちでも
 努力をするが、限界がある。
・Wさんはじめ、設計の皆様のおかげで素敵な家になりそうだ。
 でも予算が合わなければ進めない…
・何かよいアイデアはないでしょうか?


オブラートに包んで「アイデア」と書きましたが、
要するに「値引きしてくれろ」という意味です。

厚かましいなあと思いつつも
ないものはないので、仕方ありません。


翌日、翌々日と
返事をヤキモキしながら待っていました。


待ってましたが、返事が来ない!


そうこうしているうちに打合せの日が来てしまいました。


まじかよ、スルーかよ…とドキドキしていたところ、
当日の朝9:00過ぎにメールが届きました。


内容を読むと、
ローン手数料を一括ではなく金利上乗せ型にしたり、
登記費用を安くやってくれる司法書士を探したり、
外構をDIYしたりするのはどうでしょう?

とありました…。


ほんとにアイデアが書いてある・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン


しかし、その中に「設計のMさんにオプション費用の
値引きを交渉してみる」
という一文が。


え?設計担当さんに値引き交渉してもいいの??

打ち合わせに向かう移動中に
メールを確認したので返信もできず、
モヤモヤしたまま打合せの席に着きました。

まずは、壁紙など前回追加したものも
含めたオプション費用の確認。

もちろん予算オーバーなので、辞めるものを決めなくてはいけません…。


いつものなごやかな雰囲気はありません。
「うーん」とお互いに口数少なく、空気が重たい…。


そんなムードに耐えかねたのか、
旦那がWさんとのやりとりも含め、
Mさんに予算について切り込みました。

「オプション料金をここからさらに減額というか
サービスしてもらうことってできないんですかね?」

(文字にすると図々しさが際立ちますね…)


するとMさん。「私が値引きできたらいいんですが、
そんな権限ないんですよ…」

本当に残念そうにおっしゃりました。

うーん、話が違う…。
どうしてもあきらめきれない私たちは
もう少し粘ってみることにしました。


次回は、減額のために仕分けされたものたち
ご紹介したいと思います。
悲しす(´;ω;`)



貧乏ですみません!!
こんな私たちにポチッと頂けると嬉しいです(ノД`)人(´Д`)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村


[PR]
by pockex | 2014-08-04 05:18 | お金&契約