そろそろお金の話をぶっちゃける…建物編

ブログタイトルに「ローコスト」という単語を使ってる割に
コストについて書く機会がありませんでした。


ようやくオプションを含めての総額が見えてきましたので
何回かに分けて新居にかかる費用をまとめて行こうと思います。


家づくりブロガーさんの記事を読んでいると
ビルダーによって、「建物価格」に含まれる範囲は
違うものなのだなあと感じます。

私はロクに相見積もりも取らずにここまで来てしまったので
今まで気づかなかったのですが、
改めて手元にある見積もり書を見ると、
予算内訳は割とシンプルな方かな、と思います。


では早速、「建物を建てるのにかかる費用」を公開~。
※端数は切り捨てたざっくりした価格になります。

・建物本体(30坪)…1450万円(税込)

・付帯工事費…162万円


外構工事費…65万円(予算として計上)
都市ガス工事費用…15万円
上下水道引き込み費用…50万円
水道負担金…0円(通常28万円★)
現場維持管理費…32万円

・申請関係…104万円

建築確認申請費及び設計費用…38万円
諸官庁手続き、官僚審査など…36万円
住宅ローン代願手数料…5万円
保証申請立海費用…10万円
登記費用…15万円

ちなみに、これは建物に関する費用で土地についてはまた別途…。
このほか、オプションや追加電気工事費用
火災保険とローン諸費用がのっかってきます。
こちらについてはまた次回書きますね。


建物の価格、実は消費税が別にかかると思い込んでいて
「ぐわー、あとプラス100万はいくなあ」とドキドキしていましたが
契約書を見返したら「税込」と書いてあり、ホッ(;´▽`)=3

それと、私たちの住んでいる地域は「水道負担金」ってなものが発生するのですが、
地主さんの計らいで、それが免除されたという経緯もあります。
(参照→無事、土地を取得しました


本日はこの辺で。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村


[PR]
by pockex | 2014-07-29 06:07 | お金&契約