昨日に引き続き、洗面化粧台の話。

もともと考えていた下台1200では、
レイアウト上、難しいと感じたため(前回記事
サイドキャビネットと組み合わせることを検討し始めました。


サイドキャビネットといっても
天井まであるトールタイプでは窓が隠れてしまうのでNG。

洗面台と同じ高さのキャビネットを
取り扱っているメーカーとなると、かなり限られており、
結果、ノーリツトクラスに絞られました。


他にもあるのかな…。
一応、主要メーカーのカタログやHP読み漁ったんですが
見落としあったらすみません。



カウンタータイプでないなら、
掃除のラクな壁だし水栓ね!と思っていたので、
ランクと使い勝手を考えると

ノーリツ・キューボ
トクラス・エポック



が最終候補になりました♪


キューボ
f0319815_05390363.jpg
※画像はお借りしています

エポック

f0319815_05391626.jpg
※画像はお借りしています

それぞれの画像のアッパーキャビネットや
壁に付いてるミドルキャビネットが無いものが
イメージに近いです。


ショールームで実際に見たところ…、
機能や見た目で選べばトクラスのエポックかなあ、と
思っています。

トクラスは特にミラーキャビネットが魅力的。


でもお値段はノーリツの方が5万ほどお安いです。

更に、工務店の値引き率はおそらくノーリツの方が
高いとので(標準の洗面化粧台がノーリツなので)
相当お得な価格になると思われます…!


ということで迷い中なのですが、
実はノーリツの「キューボ」にはもう1点、
懸念点がありまして…


サイドキャビネットの幅が
「150」と「250」しかないのです(ノД`)



900の洗面化粧台に250のサイドキャビを組み合わせると、
間口1200なので5cm空いてしまうんですよー。


この5cm空くのがとってもイヤなので、
別ラインのサイドキャビネットを組み合わせる
ことにしました。

同じメーカーとはいえ、別ラインですので
扉の色が全く同じ、というわけにもいかず
洗面化粧台本体とサイドキャビとが
ビミョーに違う色味になっていまいます。


ショールームでサンプルを見た感じでは、
まあ許容範囲かな、と思いましたが
使っているうちに気になってくるかも?


それにトクラスのものは、
サイドキャビと洗面台本体の
引き出しのラインがピシッと横に揃うのに対し、
ノーリツのものはこれまた微妙にズレるという。

ここまで書くとトクラス・エポックだな、と
決まったようなものなのですが、
やはり値段がちとネック。

もしかしたら10万くらい値段に差が出るかも…
まあ数十年は使うものだし、
頑張っちゃおうかなとも思えなくもない(笑)


とりあえずトクラスで進めて
最終見積もりみて考えようかな。


ということで、洗面化粧台も何とか決まりそうです('∀`;)


やれやれ…な洗面化粧台選びにお付き合い頂き
ありがとうございましたm(_ _)m


よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村


[PR]
by pockex | 2014-06-18 06:05 | 住設備

洗面化粧台はこうしよう

おはようございます!

今回のW杯は応援している国が勝つパターンが多く
楽しんで観ています♪日本の初戦は残念でしたが…。


さてすっかりジプシーと化している
洗面化粧台選びのお話し(苦笑)。

メーカーは「決定」ではないのですが
なんとなく方向性が見えてはきました。



新居の洗面所はこんなイメージです。

f0319815_06060724.jpg
※前回掲載時より、窓の位置を調整しました。


換気&明かり取りのための窓が付くことにより、
下台とミラーキャビネットの幅を変えなくてはいけません。
(高窓も考えたのですが、ココは気軽に開閉したかったので却下)


カンタンなようでコレが難しかった!
過去記事


案としては2パターン
①下台1200の洗面化粧台に900のミラーキャビネットを
組み合わせる
②900or750の洗面化粧台(ミラーセット)に300か
450のサイドキャビネットを組み合わせる



まず①について。

以前の候補だったクリナップのティアリスは、
洗面台とミラーキャビネットの間が「見せる仕様」に
になっていないため、自分としてNGに。

f0319815_06194444.jpg
この赤枠で囲った部分が「見せる仕様」ではなかった…。



そしてこのパターンにはもう1点、
ボウルの位置が「片寄せ」できるかどうか
というポイントがあったのです。


ボウルの位置が、洗面台に対して
左右どちらかに寄せることができれば、
f0319815_06045445.jpg
このように、洗面ボウルの正面に鏡が来ますが、
ボウルが中央にしかできない場合、

f0319815_06050420.jpg
このように、ボウルの正面が鏡の端という、
なんか不自然な配置になってしまうのです!

(ショールームで言われて初めて気づく間抜けさ…)


カウンターとミラーキャビネットの幅が
変えられるタイプで、なおかつ
「ボウルが片寄できる」洗面化粧台…。

もうメーカー品の限界を実感しました。


トクラスのアフェットが惜しくて、
「幅900」のタイプならボウルの片寄せ可能ですが
「幅1200」だと特注品になり金額が上乗せされるそうです。


ただでさえ予算オーバー気味の「アフェット」だったので
そら無理だわ―と潔くあきらめました(笑)。


あと同じくトクラスのアフェット・Cなら
幅1200で片寄せ可能だったのですが、
f0319815_05423238.jpg
丸いボウルの形が好みではなかったことと、
奥行が狭いことが気になり、候補外に。
とほほ(´・ω・`


そんなことを繰り返しているうちに、
予算と好みと使いやすさを考えると
もはやパターン①は現実的ではないってことが
身に沁みてわかりました。


というわけで、パターン②の
「幅900(750)の洗面化粧台+幅300(450)のサイドキャビ」
こちらで進めることになりそうです(;´д`)=3


フー。だいぶ引っ張ってしまった…。スミマセン。

次回は、現在候補となっている
洗面化粧台について書きたいと思います。


最後までお付き合い頂きありがとうございました。

よろしければポチっと頂けると更新の励みになりますっつД`)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村


[PR]
by pockex | 2014-06-17 06:01 | 住設備

前回の続きです。


ふらりと寄ったショールームでふと目についた洗面化粧台。

それはクリナップのティアリスです。


f0319815_06172352.jpg
※画像はお借りしています


展示してあったのは幅900、画像は幅1200です。


惹かれたポイントその1は…

洗面ボウルが片側寄せということ!


f0319815_06174413.jpg
900、1200ともに洗面ボウルが
センターではなく左右いずれかに
寄るカタチになります。

この点がまず気に入りました!
カウンターにスペースが生まれるので
ちょっとした作業に便利そう!



パナソニックの
シーラインスリムタイプと同じですね↓

f0319815_05460771.jpg
※画像はお借りしています

シーラインスリムタイプと大きく違うのは奥行です。


こちらはなんと奥行600もあります!


そのおかげで収納部分も優秀!

f0319815_06173165.jpg
※画像はお借りしています



使いづらそうと敬遠していた、
ワイドタイプではなく、
分割タイプの引き出し(*´∀`*)ノ


それと画像だとわかりづらいのですが、
奥行がある分、配管と引き出しが干渉しないので
引き出しの奥に窪みなどが
なくすっきりしています。



小引き出しは3段。
上段には整理しやすそうなトレー付き。


あとこれは主人が気に入った点。

カウンターの素材がちょっとおもしろいんです。

「人工大理石アクリストンクオーツ」というもので、
水晶のようにキラキラ~としてるんです。


f0319815_06170121.jpg
f0319815_06170795.jpg
f0319815_06171510.jpg
※画像はお借りしています

展示されていたのは上記中央の「クオーツアクア」という色でした。

画像よりもうちょっと色が濃くて、
実際に採用するにはちょっと勇気がいるのですが…。
(選ぶとしたら確実にホワイト)

こういう素材のカウンター、めずらしいですよね。

なぜか旦那氏がココに食いついていました(笑)。

「高級感があっていい!」そうです。


水栓もシャワータイプ、
排水溝もお掃除しやすいタイプで完璧です。

というわけですっかりティアリスに
魅せられてしまいました(*´ω`*)



完全ノーマークのクリナップで
こんな出会いがあるとは…。


しいていうなら、お値段。
他メーカーの上位ラインよりもお手頃ですが、
ちょい予算オーバーです。

特にミラーキャビネットが普通な割にお高いので、
採用する場合は下台のみかな…。



あとクリナップは他に「S」という商品も
おもしろかったです。


キャビネット内がオールステンレス!
f0319815_06465248.jpg

ミラーキャビネットの内部も
ステンレスで驚きましたΣ(゚∀゚)

ステンレスってなんか清潔感あっていいなー。



最後までお付き合いありがとうございました!

よろしければポチッと頂けるとうれしいです(人・ω・)

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

[PR]
by pockex | 2014-04-29 06:56 | 住設備

おはようございます。
週末は肌寒く、寒暖差が激しかったですね(´・ω・)

そんな中、ぽっけ家はパナソニックの
リビングショールームに出かけてきましたよー。


目的は、洗面化粧台です。
あかりプラン作成もお願いしたかったのですが、
こちらの方は予約した時点で満員でした。


悩みに悩んだ洗面台の幅は
1350で進めることにしました。


お目当ては何度かブログにも書いている
シーラインスリムタイプです。

f0319815_06042016.jpg


こちらあまりリクエストがないタイプなのか?
案内してくれたショールームのお姉さん、
心配になるくらいしどろもどろな説明(;・∀・)


このシーラインスリムタイプは、
奥行450㎜という「スリム」さで、
手狭な洗面所でもおけます!というのがウリなのですが、




f0319815_05460771.jpg
※画像はお借りしています



わかっちゃいましたが、実物を見ると
思っていたよりも奥行がないかも…。


ちょっと心もとないなー、という印象です(-∧-;) 


それと、カウンターの質感と、
ボールの浅さも気になる…。


近くに、奥行550㎜とかの洗面化粧台が
ドドーンと鎮座していたから
余計にそう感じたのかもしれませんね。



とりあえず、見積もりをと
ミラーの種類、扉の色、水栓などを選ぶことに。

プランは上記画像のものをベースに、
ミラーは収納付きの二面鏡、
扉の色は、白い木目調の「アルベロホワイト」、
水栓はネックが伸びるタイプに変更。


※シーラインのスリムタイプは
洗面台の奥行がないので、
前面に大きく張り出す三面鏡は
選べないそうです。


簡易プラン(見積もり)はすぐにできるので、
1Fのカフェでお待ちください~、と
ドリンクチケットを頂き、しばしカフェでのんびり。

15分後、再び水まわりのフロアに向かうと
お姉さんがきっちりプランを作って待っていてくれました♪

こんなにササッとできるものなんですねー。



気になるお値段は…約27万円也。

思っていたより全然お安い!

カウンターの奥行や質感は気になったものの、
このお値段で幅広な洗面化粧台なら…多いにアリです。


こちらを第一候補にしつつ、
まだもう少し他メーカーのものも
見てみたいと思います。


それにしても洗面化粧台で
こんなに悩むことになるとは…(´Д⊂ヽ
トホホ…



プランを受け取ったあとは、
建築のプロに相談できるコーナーにて
いろいろ悩みをぶつけて(?)きましたー。

こちらの内容はまた次回書きたいと思います!


最後までお付き合いありがとうございました。

よろしければポチッといただけるとうれしいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村


[PR]
by pockex | 2014-04-21 06:19 | 住設備