土地売買契約と建物工事請負契約を同時に結んではいけません

おはようございます。

今日はこれまでブログにちょくちょく触れてきた、
私たちのした取り返しのつかない失敗について書きます。


タイトルがすべてを物語っているのですが、
土地売買契約と同じ日に、不動産会社のグループ会社の工務店と
建物工事請負契約を結んでしまったんです。


(ノ∀`)アチャー


経緯としてはこうです。
・初めて不動産屋さんに紹介してもらった物件が「建築条件付き土地」だった

・その物件は買わず。後日新たに紹介された物件に決める

・その土地は仲介モノで「建築条件付き」ではないのにもかかわらず
「グループ会社の工務店で家を建てないといけないんだよね」と思い込む

「じゃ、土地売買契約を結べば工務店と契約するのも当たり前か。
家も遠いし、まあいいか…」とハンコをつく

家づくりの勉強をしようと本やブログを読みあさるも、
「工務店やHMとの契約は図面を出して見積もりをもらってから」と
書いてあり、おかしいということに気づく。


自分で書いてて背筋が寒くなりますが、
こんな感じです。


土地売買契約のあとでも
3カ月以内に工事請負契約を結べばいいのですから
何も同日に契約を交わすことはなかったんですよね。


あのとき契約をいったん保留にして
別の工務店やHMで相見積もりを取っておけば、
価格交渉の武器にもなっただろうし。


んで、いろいろ家のことを勉強するうち、
「こうしたい、ああしたい」というのが出てきて、
そもそもあの工務店でこんなことできるのかな、という不安だったり
「もっと他の工務店やHMも見て見ればよかった」と後悔し始めたり…。

しばらくの間は落ち込みすぎて、
いっそのこと解約してしまおうかとも思いました。


でも、なぜ初めにその工務店を選んだのか、
メリットを整理してみることにしました。


1・価格が安い
2・こだわりがない分、フレキシブルに対応してくれる(とのこと)
3・中間金が発生しない
4・引き渡し時期の融通をきかせてくれた
5・建築士と直接やりとりができる


特に1と3は大きいなあと思いました。


いろいろな面で融通が利く分、こちらの要望をとにかく伝えよう。
自分たちでもある程度知識をつけて、意見を出していこう。
そう思って気持ちを切り替えました。


しかし、契約の件は
私の人生の中で5本の指に入るくらいの
失敗だったと思います。


繰り返しになりますが、相見積もりをしておけば
値引きされた可能性だってありますからね…。
そして、この方法で契約を迫る会社にも
少なからず不信感を抱いてしまいました。


工務店にはぜひステキなプランを提案して、
挽回してほしいものです。


長文になりました……。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


よろしければポチッとお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


[PR]
by pockex | 2014-03-18 05:53 | 住宅購入の経緯